Top >  株の5%ルールについて

株の5%ルールについて

株取引をしていると、たまに「5%ルール」という言葉を耳にします。5%ルールとはどのようなルールなのでしょうか?

5%ルールは「大量保有報告制度」という正式な名称があり、それを略して5%ルールと呼ばれています。5%ルールとはどのようなルールなのか簡単にいうと、すでに発行されている株数の5%を超えるぐらいたくさんの株を購入する場合には、財務局に報告してくださいね、というルールです。

株式市場に上場している企業の多くは、私達の個人的な財産を全て使っても買い占める事ができないほどの株数を発行しています。そのため、5%ルールは一般市民にはあまり関係ないルールでもあるのですが、大きな資産を持つ人が特定の企業の株をたくさん買いたい、という場合には、この5%ルールが適用されるので気をつけなければいけません。

財務局に5%ルールが報告された場合、実際の株式市場にはどのような影響があるのでしょうか?株価がいきなり吊り上ったり、また逆の事が起きたら他の株主にとっては大きな影響が出てしまいますから困ってしまいます。

財務局に報告された5%ルールは、その大量買付けが市場にどのぐらいインパクトを与えるのか、実際の数字を用いて計算されます。そして大量買付けによって株式市場が大きなインパクトを受ける可能性があると判断された場合には、そのような通知が株式市場および株主に対して行なわれるようです。

もちろん、そういった作業を行なう際には時間もかかったりするので、実際にはあまり実用的で保有している株を守る効果はあまりないようですが、株価が一時的に跳ね上がる事もあるという警報として受け止めると良いかもしれませんね。