Top >  株の売買にかかる手数料

株の売買にかかる手数料

株の売買をする場合には、いくつかの手数料やコストがかかるので注意が必要です。株を始める場合には証券会社に口座を開設して、その口座を窓口にして株の取引を行なう事になりますよね。この口座開設にかかる費用や、口座維持費などは、多くの証券会社で無料となっているので、証券会社を選ぶ際には確認する事をお勧めします。

株の売買をする際にかかる手数料には、証券会社の口座へ入金したり、また証券会社の口座から出金したりする際の振り込み手数料などがかかります。また、取引を行なう際には、取引ごとに取引手数料などもかかってきます。証券会社によっては、「取引金額が10万円以下なら取引手数料は無料」「取引金額20万円以下なら取引手数料が無料」など、無料で取引を行うことができる場合もあります。もちろん、全ての証券会社にそういったサービスがあるわけではありませんし、銘柄にもよるので、あらかじめリサーチすると良いでしょう。

また、株で利益を出した場合には、年に一度の確定申告でその利益を申告する義務があります。この部分は忘れやすいのですが、あとから税務署の訪問を受けないように、忘れずに処理したいものです。

これから株をはじめてみようかなと考えている方の多くは、サラリーマンなどの給与所得があると思います。給与所得が年間2000万円を超える場合には、株取引で得た利益の金額に関わらず、確定申告を行なわなければいけません。しかし、給与所得が年間2000万円以下の場合には、株所得による純利益の金額が年間20万円を越えなければ確定申告を行なう必要はないようです。利益と損失、雑費などを常に計算しておくのも大切ですね。