Top >  株で損をしないためには

株で損をしないためには

株で損をしないためには、どのような点に気をつけたら良いのでしょうか。株は投資、投資には多かれ少なかれギャンブル的な要素も含まれていますから、100%損をしない方法はありません。しかし、いくつか注意するポイントを抑えておくことで、株で大きな損を出さないように防ぐ事ができるようになります。

取引する銘柄のリサーチは必ずするようにしましょう。銘柄のリサーチは会社の経営状態だけでなく、その企業が提供している製品やサービスと時事との関係、提携している企業の経営状態なども含めてリサーチした方が良いですね。もちろん、入念なリサーチをしたからと言って株で損をしないというわけではありませんが、銘柄選びにはリサーチは大切です。

また、株取引を行なう際に、「ここまでの利益が出たら手放して利益を確定する」「損失がこのライン以上になったら手放して損失を最低限に抑える」という取引の方法も覚えて行くと良いでしょう。人間は貪欲なもので、利益が出ている場合には「もう少し待てば利益も大きくなる」「損失が出ていても、もう少し待ったら挽回してくれるかもしれない」と期待してしまうものです。こういった期待や感情を持たずに、冷静な判断で利益確定、そして損失を最低限に抑える損切りをする事ができれば、株による損失は最低限に抑えることが可能になります。

株価が影響を受けそうな時事や金融情勢などにも常に敏感になっている事も大切ですね。大切な資産を運用してくれる株だからこそ、毎日目を光らせて株価の動きをチェックしたいものです。