Top >  FXにおける証拠金について

FXにおける証拠金について

FXというのは、外国為替証拠金取引のことです。ここでいう証拠金というのは、その人が運用するお金そのものではなく、担保のようなものだと考えていいでしょう。それを担保にレバレッジをかけることで運用をしていくことができます。レバレッジというのは、利益率を高めるために他人の資本を借りることで総資産を増やす方法のことになります。

ですから、FXでは、自己資本である証拠金を2倍から200倍にして運用していくことができるのです。たとえば1万円を担保にして100万円の取引を行っていくことも可能だというわけです。そのことによって、より大きな利益をあげていくことができるというのが、FXをやっていくうえでの大きな魅力の1つなのだということになります。