Top >  FXで利用する通貨

FXで利用する通貨

FXでは外国の通貨を取引していくことで利益をあげていくことになります。そこで重要になるのが市場の流動性です。取引量が為替レートに大きく影響してくるのです。取引量が多ければそのレートが乱降下するリスクも減りますし、いつでも取引が可能だと言えます。そのことを考えると、まず基軸となるのがアメリカドルになります。

取引量が少ないと、売りや買いによってレートの上下動の幅が大きいので難易度が高いと言えます。アメリカドルを基軸通貨としておくことで、リスクを抑えて取引を行っていくことができます。それ以外に流動性の高い通貨としては、ユーロやオーストラリアドル、英ポンド、ニュージーランドドルなどをあげることができるでしょう。